第二新卒 自己PRの極意とは?

自己PRを極めれば転職成功に近づける!

SEの仕事

 

 

第二新卒で転職を目指す場合の自己PRについて、少し考えてみましょう。

 

通常の就職や転職でもきちんと自分の強みを説明できる、アピールできるかどうかは重要です。

 

自分の強みをしっかりアピールするのは重要

 

 

そして第二新卒の場合、新卒とは違って社会人経験があるという強みがありますから、そこをやはり自分のPRに含めるのは有利だと言えますね。

 

企業がなぜ新卒ではなく第二新卒を採用しようとするのか?そこをまずもう一度整理してみましょう。

 

 

社会人としての一般マナーや常識を理解している

 

新卒を採用したら必要になる研修やサポートにかかる費用や時間を節約できる

 

 

上記の2点が基本的に企業が第二新卒を優遇する大きな理由となっています。

 

ですからこの上記の2点を踏まえた上で、それを自分の自己PRに含めるのはとても効果的と言えますね。

 

前職で働いた期間に関わらず、社会に出て働いたという経験は大きいものです。

 

企業側もそこを見ていますから、自分が社会人としてのマナーや一般常識をしっかりと兼ね備えているということをしっかりアピールしたいですよね。

 


自己PRの具体例

 

どんな風に自己PRできるのか、少しだけ具体例を取り上げてみましょう

 

たとえば......

 

 

前の会社は社会人、また会社人としての常識やルールをとても遵守していました。ですからかなり徹底的にその辺りを叩き込まれました。

 

御社に恥をかかせるようなことはしないという自信があります。

 

 

こんな風に言いきれたとしたら、かなりの自己PRになっていると思いませんか?

 

 

またIT企業との面接ならば......

 

 

前の会社ではネットリテラシーについては十分の教育を受けてきました。インターネットの利便性だけでなく、そこにはらむ危険についても研修で学んできました。

 

さらにITを駆使しながらも一対一、人と人との関係性の大切さについても教えられました。IT時代だからこその人の繋がりも大切にしながら業務をこなしていきたいと思っています。

 

 

 

このように言えたらどうでしょうか?会社にとって即戦力!と認めてもらえるかもしれませんよね。

 

こんなふうにして、前職学んだことや自分がやってきていることなどを、しっかりアピールすることで人事の方の印象をかなりよくすることができるでしょう。

 

 

 

第二新卒の転職サイト成功マニュアル TOPページへ