第二新卒 転職についての考え方

第二新卒 転職についての考え方

社内SEの資格

 

第二新卒で転職を考えている場合、前の会社を比較的短期間で辞めたことが不利にならないか?と考えるものですよね。

 

しかしそもそも退職することや転職することは、本当に悪いことなのでしょうか?ここではその辺りのことを少し考えてみたいと思います。

 

転職は悪いことなのだろうか?

 

 

日本においては転職をすることを、あまり良いイメージで語られることはありませんよね。
しかも比較的短期間で職を変えることは良くないともされています。

 

でもそれってなぜなのでしょうか?

 

日本は終身雇用がかつては当たり前でした。一つの会社に就職したならば、定年まで勤めあげることが立派なこと、素晴らしい生き方とされてきました。

 

しかし時代が変化し、バブルが弾けて不景気になり会社の倒産が相次ぎ、終身雇用神話は終焉したと言われています。

 

確かに今ではあまりそういった価値観は聞かれませんが、まだまだ日本の中にはこういった精神が残っているとも言えます。

 

 

つまり、一度入社したら辞めないことが素晴らしいこと、という考え方です。

 

 

 

とはいえ現状は、統計によると新卒で3年以内に退職する人の割合は全体の3割と言われています。10人中3人がいわゆる第二新卒という立場になり、別の仕事に就くという訳です。もうそういう時代になっているということですよね。

 

全体の3割は第二新卒になっている現状

 

 

また、海外に目を向けてみると転職について否定的な意見はほとんど聞かれません。

 

むしろ転職をすることによって、一つの会社にずっといるよりも多くの経験やスキルを身に着けた人、という評価をされることさえあります。

 

また、転職する人のことをチャレンジ精神がある人、新しいことに取り組むアグレッシブな人と評価されることもあり、たとえばベンチャー企業などではむしろそのような人を歓迎する向きもあります。本当にところ変わればで、転職に対するネガティブなイメージはほとんどないんですね。

 

海外では転職にネガティブなイメージはない

 

 

転職=キャリアを積んだ人、という見方が海外では一般的です。

 

日本ではまだそこまではいっていないかもしれませんが、これから徐々にそういった傾向が強まっていくことは十分に予想できますね。

 

 

前職を辞めたことや転職をすることに対して、是非前向きな気持ちを持っていただきたいと思います。

 

自分に本当に合った仕事でこそ、自分の力は発揮される。自分の能力をフルに活かすためにも転職に対してポジティブなイメージで転職活動を行なってもらいたいと思います。

 

 

 

第二新卒の転職サイト完全成功マニュアル TOPページへ