第二新卒 成功する面接の極意とは?

第二新卒の転職 成功する面接の極意とは?

面接官

 

面接、第二新卒の転職を成功させる上で避けて通ることができないものですよね。そして一番緊張する場面とも言えるかもしれません。

 

面接担当の人に一体何を聞かれるのだろう?

 

少しでも良い印象を持ってもらうにはどうすればいいのだろう?

 

色んなことが頭をぐるぐる回るかもしれません。

 

たとえば第二新卒者の場合、最も聞かれる質問は前職は何をしていたのか?そしてなぜその仕事を辞めたのか?の2点ではないでしょうか。

 

この質問にしっかりと答えることができ、さらに好印象を与えるにはどうすればいいでしょうか?

 

 

一番のポイントは、正直、誠実であるということです。

 

 

考えてみれば、相手は人事のプロです。これまでかなりの間様々な就職や転職を希望する人たちと面接をしてきた訳です。

 

そういう人を相手に、嘘をついたり良いことを言おうとして、いわば盛ったとしてもすぐにバレてしまうことでしょう。

 

ですから正直に素直に、そして謙虚に伝えるのは良いことだと言えます。


誠実な対応こそ最強の面接極意

 

一番答えにくい質問は

 

なぜ前職を辞めたのか?

 

という質問ではないでしょうか。

 

劣悪な労働環境とか、当初の条件と違う労働条件であったゆえの退職なら、そういうことをしっかりと伝えることができるかもしれません。

 

でも、ちょっと伝えにくい理由での退職をしたかもしれません。その当時は自分にとっては最もな理由に思えても、月日が経つことによってあれは甘えだったかなあとか、もう少し我慢できたかもしれないという気持ちになることもありますよね。

 

そういう場合、なぜ辞めたのか?という質問にはなかなか答えにくいですよね。

 

でもこういう場合でも正直さや誠実さは大切です。

 

たとえばこんな風に言うことができるかもしれません。

 

 

 

はい。率直に言うと人間関係がうまくいきませんでした。自分とは合わないと思える人が上司で、それが耐え切れませんでした。

 

でもあれからしばらく経ち、今では自分が甘かったと思っています。

 

どこに行っても合わないと思える人はこれからも出てきます。合わないと思える部分だけを見るのではなく、共通している部分や尊敬できる部分に集中することの大切さを今は感じています。

 

 

いかがでしょうか?あれやこれやと言い訳したりするより、若者らしい率直で素直な説明だと思いませんか?

 

退職したのは自分のせいだった、自分の弱さだった。もしそれを認めることができるなら、面接官の評価はグンと上がることでしょう。

 

 

 

第二新卒の転職成功サイト完全マニュアル TOPページへ