第二新卒の転職サイト−完全成功マニュアル−

第二新卒の転職サイト−次こそうまくいく!完全成功マニュアル−

 

 

転職成功

 

第二新卒の転職って難しいですか?

 

 

一度会社を退職した自分のような立場は転職に不利でしょうか?

 

 

第二新卒での転職、次こそは!と思っていますが正直自信がありません...

 

 

 

あなたは今そのように考えていますか?

 

 

 

 

第二新卒悩み

 

1回は就職したものの、どうしても会社に馴染めず退職してしまった。

 

「石の上にも三年」とよく言われたけれど、結局退職の道を選び第二新卒という立場に。

 

もう一度、今度こそ自分がやりがいを感じられる、そんな会社に転職・就職したい。

 

 

親に心配をかけているし、早くきちんとした会社にまた就職したい

 

 

同期の友達は楽しく仕事をしているようだ。自分も早く良い仕事に就いてまた働きたい

 

 

第二新卒という立場で、本当に良い会社や企業に転職できるのだろうか?

 

 

あなたはこのようにも感じていますか?

 

 

第二新卒という立場での転職について考えると、さまざまな疑問や不安や心配がありますよね。

 

でも、あなたと同じように第二新卒での転職に不安を覚えていた方でも、希望の職種に転職できて仕事を楽しんでいる若者が大勢います。

 

 

なぜ第二新卒からの転職に成功できたのでしょうか?

 

 

このサイトでは第二新卒からの転職を考えているあなたが今必要としている情報をご紹介しています。

 

心配や不安を解消したり、また自信を持って再チャレンジするあなたを応援いたします。

 

このサイトが第二新卒からの転職を考えているあなたの転職成功のお役にたてることを願っています。

 

 

目次

 

  • 第二新卒は転職に有利?不利?
  • 人事担当が語る第二新卒転職者への本音
  • 第二新卒で希望の職に転職できた人の経験
  • 第二新卒の転職を成功させるためには?
  • 第二新卒 転職を成功させた人たちの声
  •  

    第二新卒は転職に有利?不利?転職市場の評価は?

     

    転職成功

     

    社内SEが行なう仕事や求められていることは、その企業や会社によって大きく変わってきます。

     

     

    第二新卒というのはハッキリとした定義というものはないのですが、企業や会社側からすると

     

    「新卒で入社して3年未満の求職者

     

    を指すことが多いようです。

     

    たとえば大学を卒業してすぐに就職、でも様々な理由により数カ月または数年でその会社を退職した。そういう立場の人を第二新卒と呼ぶと言えます。

     

    では実際に第二新卒での転職を目指す場合、有利でしょうか?不利になるのでしょうか?やっぱり新卒者を優先する企業のほうが多いのでしょうか?

     

    簡単に言うと、第二新卒という立場は就職や転職市場において有利な面もあれば不利な面もあるというのがその答えになります。

     

    では第二新卒者が転職において有利になる理由を早速見ていきましょう

     

     

    第二新卒が転職に有利な理由

     

     

     

    1、短期間でも社会に出た経験がある

     

    一度は就職して社会で働いていたという経験は有利に働きます。なぜなら、基本的なビジネスマナーは身に付けているので、新卒よりも育成が楽という面があります。新卒の場合はまず社会人のマナーを学んでもらう必要がありますよね。電話応対、取引先との接し方、それこそ名刺の交換の仕方から、書類作成、メール作成など、色々と教育する必要が生じてきます。

     

    でも第二新卒の場合は前職でそれらの基本的な社会人としてのマナーや常識が身に着いているとみなされるので、新卒者を教育する手間や費用を考えると、第二新卒を採用したいと考える企業も実は多いんですね。

     

    また社会経験が少ないというのが、柔軟で適応力が高いと見なされたり、その会社の社風や雰囲気に馴染みやすいのではないか、と前向きにとらえてくれる場合もあります。かなりの長い経験がある人の場合は、前社での経験や前の業界での慣習に染まり過ぎている傾向があるので、逆にまだ社会経験の少ない人材を欲っすという場合もあるんです。

     

     

    2、前職での経験を活かせる

     

    もし再び同じ業種や業界での転職を考えているなら、その前職の経験を大いに活かすことができます。そしてその経験が買われることになります。たとえば前職が接客業で同じ接客業への転職を考えているなら、そこで培い学んだ知識や経験は確かに貴重ですよね。企業としてはそれを新卒に教え込む時間や経費を考えると、第二新卒者のほうを優先したいと思う訳です。

     

    またこれは某商社の人事の方が言っていましたが、「接客業を以前にしていた人はしっかりと挨拶ができる、相手の要望に応える対応力がある、テキパキと仕事をこなせる、元気で明るい人が多い。だから業種は違うけれど、接客業をしていた人を採用することが結果として多くなっている」というようなことを仰っていました。

     

    それでたとえ今回の転職で目指す会社や企業が、前職と同じ業界や業種ではなくても、以前に学んだことを高く評価してくれる場合もあります。いずれにしても、前の職場での経験を貴重だと思ってもらえるのは嬉しいですよね。

     

     

    3、仕事や労働への意欲の高さ

     

    第二新卒で転職を目指す若い人たちは意欲の高い人が多いというのが、企業などの総じての評価です。これは一度退職・離職しているがゆえに、今度こそはしっかりと働きたいという高い意欲に繋がっていると考えられます。あなたもそう思っているのではないでしょうか?また次も辞めてしまう結果になったらどうしよう、という不安もあるかもしれませんが、逆にだからこそ次は簡単には辞めないというモチベーションにもなっていますよね。

     

    また働きたくても働けないという気持ちを味わっていたり、親に心配をかけているとか、周りの友達は仕事を楽しんでいるのに自分は...というような気持ちを抱いているゆえに、それが今度こそあきらめずに働きたい、自分も負けずに社会人としてしっかりと業務をしていきたいという強い意欲にも繋がっているのではないでしょうか。

     

    企業や会社はそういった仕事や労働への意欲を高く評価してくれるものです。次こそは!今度こそは!というこの気持ちは当然ながら新卒者にはないものですよね。一度痛みを経験している者ならではの強みがあるのです。

     

     

     

    いかがでしょうか?意外に企業側は第二新卒者へ好意的であったり、期待していることがよく分かりますよね。短い期間だったかもしれませんが、一度社会に出て働いたという経験は本人が思うよりも実は大きいものだと言えますね。

     

    では一方第二新卒での転職を目指す場合に不利になってしまうどんな面があるでしょうか?

     

    第二新卒が転職に不利な理由

     

     

     

    1、なぜ前職を辞めたのか?また辞めるのでは?と思われてしまう

     

    提出した履歴書や面接でもこの部分を最も重視されるのは当然かもしれません。なぜ前職を辞めたのかという理由、そしてその理由如何によっては、今回もまたすぐに辞めてしまうのではないか?という点です。

     

    退社理由はもちろん人それぞれですよね。頑張ったけれど、どうしても続かなかった。どうしても受け入れがたい風習や業界内の慣習があったなど。こちら側からしたらもっともな理由で離職したとしても、それが今回の企業や会社に分かってもらえるかどうかは別物です。

     

    ですから前職を辞めた理由をできるだけ良い印象で受け取ってもらえるように、丁寧に話すことは大切になってきますね。そして労働意欲の高さや今回はしっかりと業務をこなして、辞めるつもはないことをきちんと自己PRしていきたいですね。

     

    2、ある程度のレベルを期待されている

     

    企業が新卒者よりも第二新卒者を優先的に採用する場合、新卒者に教える時間や手間を省きたいからというものがあります。それは裏を返せば、第二新卒で転職を考えている人には、当然ながら新卒よりも高いレベルが求められていることになります。そして社会人としての常識やマナー、ルールへの理解度も求められることになります。費用や時間をかけて教えなくても、すでにある程度のことは身に着いていると期待されています。

     

    つまり雇用してスタートからすぐに仕事にとりかかってもらえるという、期待があります。

     

    ですからもし自分が社会人マナーや常識にまだ少し自信がないならば、期待されることへのプレッシャーを感じてしまうかもしれません。自分のレベルと企業が期待するレベルが釣り合っているかどうか、確認しておく必要もありますね。

     

     

     

    人事担当が語る第二新卒転職の本音

     

     

    東京都で半導体の設計や分析を行なう企業に勤める、人事担当の鵜飼 正臣(仮名)さん45歳に、極秘インタビューを試みてきました。

     

    実際に人事として人を雇う立場の人が、第二新卒として転職を目指す人たちをどう見ているのか?または面接する際にどこを最も重視しているのか?担当者の目線でありのままを赤裸々に教えていただきました。

     

    人事

     

    鵜飼 正臣さん(45歳)
    半導体関連企業 人事部

     


     

    人事担当になられてどれくらいの経験がありますか?
    はい。人事になって6年経ちます。これまで新卒、第二新卒、その他中途採用の方などすべて合わせて600人くらいの方と面接してきました。

     

    第二新卒者を採用する割合はどれくらいですか?
    うちは新卒もとりますが、第二新卒者のほうを優先しています。割合や率で言えば、8:2です。第二新卒者が8割です。

     

    第二新卒者のほうを優先、優遇される理由は何ですか?
    やはり新卒で採用するより即戦力になってくれるという面があります。新人研修なども必要ありませんからコスト面で助かりますね。後、20代半ばの年齢の人が多いですが、大学卒業してすぐの若者より当然しっかりしていますよね。全体的に見てうちは第二新卒のほうが頼りがいがあると判断しています。

     

    第二新卒者との面接で重視しているのはどんな点ですか?
    応募される方が前職を辞めた理由は人それぞれだと思いますから、そこはあまり考慮に入れません。職歴、学歴や資格、技能や技術などもそれほど。むしろうちの会社に入って何をしたいか、そこを重視したり注目しています。仕事への意欲や挑戦への気持ち、やってみたいことがあれば人は頑張れますよね。うちの上司やトップの社長も熱い人間なんで、そういう熱意を持って仕事をする人間を積極採用し、内定を出すケースが多いです。

     

    実際に第二新卒で転職して働いている人たちはいかがでしょうか?
    そうですね。総じてみんな頑張ってくれていると思います。第二新卒ではないですが、わたし自身も転職組です。だから気持ちはよく分かります。転職してきた当時のことなんかも思い出して、理解するようにしています。意欲のある人間はどんどん責任を任されていますし、昇進もしています。ある意味入社すれば第二新卒であるかどうかは問いません。目の前の仕事にどれだけ集中し結果を出すかですから。

     

    辞めた理由より仕事への意欲があるかどうかを見られる。そして入ってしまえば第二新卒かどうかは関係ないと。際の人事の方の意見は参考になりますね。

    第二新卒で希望の職に転職でき寺前さんの経験

     

    転職インタビュー

     

    寺前 光輝さん(26歳)
    ITインフラ設備会社への転職成功

     


     

    第二新卒になった経緯をお話いただけますか?

    はい。新卒で入った会社が電気や電子の機械の販売会社でした。エンジニア志望でしたが、配属されたのは企画や営業でした。年収は周り以上によかったのですが、年間に何度も中国などの海外、国内でも関西は大阪、東北は岩手、北海道、九州、四国、沖縄と出張がとても多い会社でした。それがかなりのストレスになってしまい1年半で退職したという経緯です。

     

    それから何をされていましたか?

    はい。社員ではなく知人の東京のゲームの会社でアルバイトという形で働かせてもらっていました。営業だけはもう嫌だと思っていたので、事務職でした。PCを使って書類やプレゼン資料などを作ったり、会員のためのWebサイトの管理や運営などの仕事でした。

     

    第二新卒として転職活動をする上での心配や不安はありましたか?

    そうですね。やっぱり就職したのに辞めてしまったというのが自分自身こたえていました。自分は仕事が務まらない人間なのかなとか、我慢が足らないんだろうなとか、色々ネガティブに考えてしまい、転職活動にも不安がありました。

     

    実際の転職活動はどのようなものでしたか?

    はい。いろんな求人サイトなどを見ては考えの連続でした。親からも早く就職しろとせっつかれていましたので、焦る気持ちと不安とが入り混じっていました。でも転職エージェント会社に登録して、色々なサポートを受けることができたのは大きかったです。不安とか悩みを相談に乗ってもらい、またもう一度頑張って自分に合った転職先を探そうという気持ちになりました。そしてしばらくして、今の会社の面接に行きそのまま採用ということになりました。

     

    今はどのような仕事に就いていますか?

    はい、結局営業をまたしています(笑)あんなに苦手意識があったのに自分でも不思議なのですが、飛び込み営業やテレアポなどをした経験の良かった面は何かを考えるようにアドバイスされたんです。自分にとっては嫌な思い出という認識しかなかったのですが、考えてみると度胸が少しはついたとか、物おじしない、人見知りがなくなったなど、自分にとってプラスになった面があることに気づきました。

     

    では、その経験を活かしてみたらどうですか?と言われ、再度営業職を募集している会社の面接に行ってみました。面接官からは、「随分と昭和な営業してたんだね」と笑われまして(笑)「うちはそんな営業はしないから大丈夫だよ。でも度胸のある若者は大歓迎だよ」と言われ、とても自信がつきました。そしてそのまま採用してもらえました。

     

    今は法人への新規ではない営業ですが、先方の問題を解決するためにしっかりと調査したり検討したりして、実現が可能な提案をしています。今思えば前は無茶苦茶なやり方だったなあと思いますね(笑)

     

    第二新卒で転職を考えている人たちに一言お願いします!

    はい。不安や心配な気持ちはすごく分かります。自分もそうでしたから。でもこのタイミングを伸ばすともう一生きちんと就職して働けなくなるかもと思い、思い切って転職活動を本格化しました。思い切ってやれば物事ってうまくいくんだなあと僕は思いました。自分の強みをもう一度しっかり見つめなおし、そして自分が仕事を通して何を成し遂げたいのか、改めて考える機会にもなりました。サポートしたり助けてくれる人がいますので、勇気を出して前向きに転職活動を頑張って欲しいですね。

     

    第二新卒の転職を成功させるためには?

    転職成功

    では具体的に第二新卒としての転職をスムーズに成功させるためには、どうすればいいのでしょうか?

     

    求人情報誌をチェックしますか?

     

    求人サイトで探しますか??

     

    ハローワークなどに第二新卒でもOKな募集をしている会社を探しますか?

     

    最もおすすめな転職方法は、転職専門のエージェントに探してもらうことです。

     

     

    成功する第二新卒での転職は転職エージェント会社に探してもらうこと!

     

     

    転職エージェント(転職エージェント会社)というのは、第二新卒として転職を希望しているあなたと、第二新卒者を含む優秀な人材を探している会社や企業との間に入ってお世話をしてくれる会社のことです。

     

     

    第二新卒として転職を希望している人に、希望の企業や会社を紹介するのがお仕事なのです。

     

    これはどういう仕組みになっているのでしょうか?

     

     

    転職専門エージェント会社の仕組みとは?

     

    転職エージェントの会社というのは、何百何千という会社や企業からその必要な人材を探して欲しいという依頼を受けています。

     

    そしてその企業側の要望に沿った人材を紹介することで報酬を得ています。

     

    そして多くの場合それは、成功報酬、成果報酬という形なんです。

     

    成功報酬や成果報酬という表現を聞いたことはありますか?

     

    これはつまり企業が求めるふさわしい人材を紹介し、そして企業がその人と面接をします。そしてその結果実際に入社が決まったとします。そこでそのタイミングで、初めて企業から転職エージェント会社はお金を得るんです。

     

    これが成果報酬、または成果報酬という仕組みです。

     

    実はこの仕組みが大きなポイントなんです。
    この仕組みこそ、第二新卒の転職希望者が転職エージェント会社を利用すべき理由とも言えます。

     

    一体どういうことでしょうか?

     

    求人サイトや求人情報誌というのは、求人情報を載せることで企業からお金をもらっています。掲載料を頂くというビジネスモデルになりますね。掲載をすればお金をもらえるのであって、実際に転職希望者がその求人を見て転職できたかどうかは基本関係ありません。

     

    でも、転職エージェント会社の場合は違います。実際に企業には転職希望者を紹介し、転職希望者には企業を紹介し、双方が双方を気に入って入社してくれないとお金にならないビジネスモデルです。

     

    ですから、実際に転職成功までしっかりと丁寧にサポートをしてくれるんです。

     

    企業側には優秀な人材を紹介する

     

    転職希望者側には優れた企業を紹介する

     

    どちらの要望や希望にもしっかりと応えられるような紹介をすることが、このビジネスの根幹になってくるんです。

     

    ですから第二新卒の転職を希望するあなたが、気に入って、そこで働きたいと思えるような魅力的な会社や職場を責任を持って紹介してくれます。

     

    転職エージェント会社は、転職希望者が入社して初めて報酬がある

     

    このような仕組みですので、転職エージェント会社に登録するということは、転職までしっかりと責任を持って支援・応援してくれる心強い見方を手に入れたとも言うことができます。転職先を探して、求人サイトなどから直接企業に連絡するのよりも、このような転職エージェント会社にお願いするのが、最もスムーズに第二新卒での転職を成功させるおすすめの方法なんです。

     

     

    転職成功

     

     

    さらに転職エージェント会社に登録するメリットには何があるでしょうか?

     

    ・完全無料で利用

     

    紹介料という報酬はすべて企業側から支払われます。転職希望者が支払う必要はありません。転職成功までの支援やサポートも一切お金はかかりません。第二新卒者はすべて無料で転職先を紹介してもらえます。

     

     

    ・非公開求人を紹介してもらえる

     

    求人や転職業界の常識として、実は求人サイト、ハローワークなどに掲載されている情報は、求人・転職情報全体の20%程度と言われています。そう20%しか公開されていないんです。残りの80%は非公開求人として、こういった転職エージェント会社にのみ提供・公開されているんです。

     

    つまり条件の良い会社や企業などの情報は、基本求人サイトなどには出回らないと言われています。

     

    しかし転職エージェント会社に登録し利用することで、一般には出回らない転職情報を知ることができます。

     

     

     

    ・転職希望者の条件や希望を肩代わりして伝えてくれる

     

    たとえば求人サイトなどから募集している会社にコンタクトをとり、履歴書を持って面接に行ったとしましょう。その場でなかなかこちらの希望や条件をダイレクトに伝えるのは難しいと感じるのではないでしょうか。

     

    あまりに条件ばかり言ってしまうとその時点で採用されない可能性が高くなるのではないか、などちょっと気にしてしまいますよね。

     

    でも第三者という立場の転職エージェント会社を通してすでにこちらの希望や条件を伝えてもらい、その条件を飲んでくれる会社や企業だけが紹介されるとすればどうでしょうか?直接は言いにくいことも代わりに伝えておいてもらえる。これも転職エージェント会社を利用する大きなメリットと言えます。

     

     

    ・真剣に相談に乗ってくれる

     

    転職成功まで真剣にそして親身になって相談に乗ってくれる、経験豊かなアドバイザーやコンサルタントが、転職エージェント会社にはいます。中には、これまで何千人という第二新卒者の転職を導いてきた凄腕コンサルタントもいます。

     

    そういう人達に自分の不安や心配な気持ちを聞いてもらったり、有利に転職を進めていくアドバイスや提案をもらえるとしたらどうでしょうか。とっても安心ですよね。

     

    長い時間をかけて相談に乗ってくれる頼れるアドバイザーの存在は、本当に心強い限りです。

     

     

     

    第二新卒者の転職を応援してくれ、確実に転職を成功するためにおすすめの転職エージェント会社をご紹介しますね!

     

    チェック20代に特化した転職サービス【ネオキャリア 第二新卒エージェントneo】
    ネオキャリア

    ネオキャリア
    ネオキャリア

    ブラック企業を徹底除外!優良企業のみ紹介!

    転職先がブラック企業だったらどうしよう......第二新卒者の多くが心配しているのがこれ。ネオキャリアのスタッフがすべての企業を実際に訪問して、徹底チェックをしてくれているので、ブラック企業を紹介される心配はありません!

     

    スタッフは全員第二新卒!
    ネオキャリアのスタッフはなんと全員が第二新卒の経験があるんです。かつては自分も同じ立場だったからこその、丁寧で気持ちの分かったサポートをしてくれます!

     

    1人あたり平均10時間の手厚いサポート!
    初回面談は約2時間もかけて、経歴やその人の個性や希望を徹底的にヒアリングしてくれます。そしてトータル平均10時間にも渡るサポートもあります。面談対策もばっちり時間をかけてくれます。

     

    ネオキャリア

     

    ネオキャリア

     

     

     

    チェック第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
    DYM就職

    DYM
    DYM

    相談からの就職率は96%!!

    DYMさんに転職相談に乗ってもらって転職先を紹介してもらうと、就職率がなんと96%!もうほぼ就職が決まったようなものですね。なぜそこまでの驚異の就職率が達成されるのか?その秘密は......

     

    優良求人企業が2000社超!
    2000社を超える企業からの求人依頼を抱えているから、第二新卒での転職を希望する希望者の希望や条件に合った企業を紹介してくれる

     

    転職まで二人三脚でサポートしてくれる
    寄り添う就活をモットーに、転職が成功するまで真摯にサポートしてくれます。面接の指導、書類の書き方指導など時間をかけてしっかりと丁寧に応援してくれます。

     

    DYM就職

     

    DYM

     

     


    第二新卒 転職を成功させた人たちの声

     

    第二新卒転職成功組の声

     

     

    転職インタビュー

     

    山口 知一 さん(25歳)
    通販会社への転職成功

     

    前職の経験を活かして楽しく仕事

     

    前職は金融関係のシステムを作る会社でした。そこでSEとして研修を受けて実際にSEとして業務をこなす段階まできていました。でも労働環境や待遇があまりにひどくて、残業は当たり前だし独学の時間がなかなかとれず、音を上げてしまいました。

     

    そこから1年ほどはアルバイトをいくつか経験して、体と心を休めていたって感じでした。

     

    転職活動をきちんとしようと思ったのは、久しぶりに会った大学の同期が仕事をバリバリやって楽しそうにしていたのを見た時でした。自分も負けてられないと燃えましたね。

     

    今では社内SEとして通販会社のIT関連のトラブルなどを担当しています。前職の経験を活かして得意のIT関係で毎日楽しく仕事ができています。転勤もないので、そういう環境も安心です。

     


     

     

     

     

    転職インタビュー

     

    宇田川 真司 さん(26歳)
    不動産会社への転職成功

     

    やりがいがあって、毎日楽しく仕事

     

    前の仕事は映像制作の会社でした。クリエイターとしての仕事がしたいと思って就職したのですが、クリエイティブな仕事でもなかったですし、職人気質の社風が合わずに退職しました。

     

    仕事の分野としては自分が憧れていたやりたい仕事だったので映像関係での転職を探していました。

     

    そしてエージェントさんのほうから、今の仕事を紹介されました。不動産の間取り図の作成や、動画を使った宣伝や広告などを担当しています。社内でそれができるのが自分しかいないので、やりがいもありますしプロジェクトなども自分のやりたいようにやらせてもらっていて、毎日楽しく仕事ができています。

     

     


     

     

     

    転職インタビュー

     

    市川なおみ さん(27歳)
    上場企業の英会話スクールへの転職成功

     

    留学経験を活かした仕事に

     

    以前は保険を扱う会社のオペレーターをしていました。2年半ほど勤め仕事も慣れて順調でしたけれど、社内の人間関係のトラブルに巻き込まれてしまって、結局そのために退職という形になりました。勤務の形態も状況としては厳しいものでしたし、キャリアアップも望めず将来のことを考慮して別の仕事を探すことにしました。

     

    転職するにあたり自分のスキルということを改めて考えた時に、留学経験があるので英語を活かした仕事をと考えるようになり、今の会社に転職できました。

     

    英会話スクールの事務の仕事です。講師の方と接することが多いのですが、アメリカ人やオーストラリア人などの人たちは明るいしオープンだし、人間関係のストレスで前職を退職した私としては、こういう環境はありがたいですね。

     


     

     

     

     

    転職インタビュー

     

    北野 美佳 さん(24歳)
    メーカー機器販売会社への転職成功

     

    正社員という安心感が嬉しい

     

    短大を卒業して契約社員として某ホテルのグループ会社に勤めていました。正社員への中途登用も可能とのことで期待していたのですが、なかなかそういう感じでもなく。若手よりも40代の方が多く、

     

    やっぱり正社員として働きたいという思いがあり第二新卒での転職という形をとりました。

     

    専門学校では主に工業デザインを学んでいまして、その時の学びを活かせたらと思っていたら今の会社を紹介して頂きました。優しい先輩たちに囲まれて毎日楽しいですね。正社員という安心感もありますし、転職して良かったと本当に思います。

     


     

     

     

    いかがでしょうか?多くの人たちが第二新卒での転職を成功させて、毎日充実して働いています。

     

     

    たしかに第二新卒での転職には不安や心配な気持ちがありますよね。

     

    またうまくいかなければどうしよう。

     

    本当に自分に合った会社が見つかるのだろうか。

     

    など考えればきりがないものの、どうしてもあれやこれやと考えてしまうものです。

     

     

    でも同じような立場から転職に成功した先輩たちも大勢います。

     

    正社員としての安定や安心感

     

    自分に合った仕事ができることの楽しさ

     

    自分もできるんだ!という失いかけていた自信を取り戻すこと

     

     

    様々な不安や心配を乗り越えたからこそ得られる喜びがあるはずです。

     

    第二新卒

     

    もう一度自分を取り戻す、自信を取り戻す

     

    働く喜び、会社や社会に貢献しているという自覚。

     

    勇気を出して転職したからこそ得られる喜びを是非味わって頂きたいと思います。

     

    その点でこのサイトがあなたのお役にたてるなら幸いです。

     

    チェック20代に特化した転職サービス【ネオキャリア 第二新卒エージェントneo】
    ネオキャリア

    ネオキャリア
    ネオキャリア

    ブラック企業を徹底除外!優良企業のみ紹介!

    転職先がブラック企業だったらどうしよう......第二新卒者の多くが心配しているのがこれ。ネオキャリアのスタッフがすべての企業を実際に訪問して、徹底チェックをしてくれているので、ブラック企業を紹介される心配はありません!

     

    スタッフは全員第二新卒!
    ネオキャリアのスタッフはなんと全員が第二新卒の経験があるんです。かつては自分も同じ立場だったからこその、丁寧で気持ちの分かったサポートをしてくれます!

     

    1人あたり平均10時間の手厚いサポート!
    初回面談は約2時間もかけて、経歴やその人の個性や希望を徹底的にヒアリングしてくれます。そしてトータル平均10時間にも渡るサポートもあります。面談対策もばっちり時間をかけてくれます。

     

    ネオキャリア

     

    ネオキャリア

     

    チェック第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
    DYM就職

    DYM
    DYM

    相談からの就職率は96%!!

    DYMさんに転職相談に乗ってもらって転職先を紹介してもらうと、就職率がなんと96%!もうほぼ就職が決まったようなものですね。なぜそこまでの驚異の就職率が達成されるのか?その秘密は......

     

    優良求人企業が2000社超!
    2000社を超える企業からの求人依頼を抱えているから、第二新卒での転職を希望する希望者の希望や条件に合った企業を紹介してくれる。
    土日の休み、福利厚生、週休2日、住宅の手当などの福祉や制度も好待遇、さらに人気の職種の最新の求人もたくさんあります。

     

    転職まで二人三脚でサポートしてくれる
    寄り添う就活をモットーに、一人ひとりの転職が成功するまで真摯にサポートしてくれます。面接の指導、書類の書き方指導など時間をかけてしっかりと丁寧に応援してくれます。

     

    DYM就職

     

    DYM